FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と暮らす~「コーギーさんとタクシーに乗る時」編

タクシー1

と、ある日のこと。
コーギーさんの具合が悪そうだったので病院へ。
車の運転ができない私はタクシーで。

コーギーさんとタクシーに乗るのは今回で2回目です。
コーギーさんと初めてタクシーに乗った時は大変でした。

まず、何が大変だったかと言うと・・・
犬を乗せてくれるタクシーを探すのが大変でした。
市内のタクシー会社に当たったところほぼNG・・・(涙)
ネットで検索した時は大丈夫だろうな、と言う感触でしたが現実は厳しかった。

そしてたった1件だけ、
ケージに入れていればOKと言ってくれたタクシー会社さんが見つかり。

しかし、15Kgあるコーギーさんを入れて運べるケージって・・・
その時我が家には、
コーギーさんが2歳くらいまで使っていたクレートしかなくてボロボロだし、
しかも今のコーギーさんには窮屈で・・・
だって、あの頃は11Kgしかなかったもんね。
ウェストがあるのよね。

タクシー5

とりあえずそれでタクシーに乗りましたが乗り降りや移動が大変でした。
ハードな材質のクレートより布製のキャリーの方が移動が楽かも?
・・・というわけで、
コーギーさんがすっぽり収まるキャリーバッグを探し・・・

タクシー2

見つけました。
15Kgのコーギーさんがすっぽり収まるもの。

メッシュの蓋もついていて、完全に閉じられます。
いつもの free stitchさん で購入しました。



カラーは、カーキ・ネイビー・ブラック・グレーの4色がありましたが
我が家はカーキにしました。

しっかりとした底敷きが入っていたのですが
我が家ではタクシーに乗る時しか使わないので
逆に形が崩れている方が使いやすく、外しました。

病院で検査結果を待つ間も
ガウガウしてしまうコーギーさんにはピッタリで
メッシュの蓋をすると落ち着くようでした。
バッグ側面のくぼみが顎をのせるのにちょうどいいみたい。

タクシー3

ちなみに我が家ではバッグというより
タクシーに乗るためだけの物という位置づけですので
肩かけで使用したことはありません。
常にバッグを抱っこですね。(笑)

玄関からタクシーまで、
バッグに入ったコーギーさんを抱っこして乗る。
タクシーから病院までも抱っこして移動。
そんな感じで使っています。

だから、このバッグの適正体重12kgを軽くオーバーしていますが
問題なく使用しています。
いや・・・15kgを肩掛け・・・はキツイ(笑)

このバッグのおかげで、タクシーも苦ではなくなりましたよ。
出来ればこのバッグの出番はないほうが良いけど・・・
まあ、いざという時は安心ですね。

そして、タクシーの運転手さんも今のところ
動物好きの方ばかりで助かっています。
本当にありがとうございます。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。