スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関~「小窓」 DIY編

玄関の小窓4

玄関のドアを開けて右手に、この小があります。
床上約160cmくらいの高いところに位置しています。
(夜、撮影したのでムーディーな画像になってしまいました・・・)
元々この小には、インテリアを破壊するようなこんな枠が・・・

玄関の小窓2

画像は、階段の部分になりますが
我が家には、こういった小さいが5つあります。
キッチン・トイレ・洗面所・階段にそして玄関
その全ての小が、インテリアを破壊してる・・・

しかし付いている網戸は、きちんとスライドするようにしなければならないし、
窓の開閉レバーも使えるようにしなくてはなりません。

その両方を解決するべく、まずは玄関の小窓から始めることにしました。

よくあるロールスクリーン。
なんだか違うな・・・

突っ張り棒に、布。
いや、いやいやいや違う・・・

そうだ!アイアンのバーに、お気に入りの布を掛けよう。
そう思い立って、アイアンのバーを取り付けました。

届いた時は、バーの両サイドにこのトーチという螺旋状のステキな飾りがついていたのですが、
(この部分がトーチというのを初めて知りました・・・)
いろいろ試した結果我が家には合わなかったので、トーチだけ外してただのバーにしました。
玄関だからアクセントになるようなものがいいかな、って思ってしまったんです・・・)

こんな感じのトーチでした↓



アイアンのバーは、どちらで購入したか思い出せないのですが
今だったらこういうものを選んでいたかもしれません↓



そうそう、お気に入りの布をタペストリー風に掛けたかったんです。

そしてフックはコチラ↓



アイアンのバーが落ちないように、深めのフックを選びました。

そして布を掛けてみました。(画像がなくてすみません・・・)
昼間だというのに玄関全体が薄暗くなり・・・
元々この小窓は、北東あたりに位置しているので暗いのですが
もっと暗くなってしまいました・・・

じゃあ、もっと薄手の布を掛けたらいいのかな、と思って試してみましたが・・・
やっぱり薄暗くなり・・・

薄暗い北東の小窓に明るさを求めてはいけないのかもしれませんが
布を掛けるのと、掛けないのとでは全く明るさが違ったので
布は諦めることにしました。

そして、次に選んだのがこの「ストリングカーテン」なるものです↓



「ひものれん」「ストリングのれん」とも呼ばれているのでしょうか。
これを使った写真も残っていなくて残念ですが・・・

ストリングカーテンの場合、明るさは確保できたのですが
あのシルバーの窓枠?が丸見えになってしまいNGでした。

明るさを確保しつつ、この窓枠を隠す方法は・・・
やっぱりDIY

玄関の小窓3

木枠を作って、はめました。
素材はコチラです↓



厚み35mmの板をサイズに合わせて注文しました。
木材の幅を2種類にして、のっぺりしないようにしてみました。
またこの木材は無塗装なので、武骨というか、味わいがあるというか
それぞれに表情があって、ウォールナットとはまた違う魅力があります。

WOODPROさんは、1㎝単位でオーダーできるので助かっています↓




私はこの窓枠を作る時に使ったのは、
スーパーウルトラ何とかという名のと~っても強力そうなボンドと、厚めの両面テープです。

①まず、木材を枠の形になるよう仮置き。
 (木材の表情が面ごとに違うのでひっくり返しながら相性を確認!)

②木材の配置が決まったら、ボンドで固定 → 木枠の完成。

③窓枠に木枠をはめ込む。
 (木枠の上下・四隅と、窓枠を厚めの両面テープでくっつけて補強)

重量のある木材なので落ちないようにすることが課題でした。
地震などのグラつきで、外れないようにかなりピッタリめに作って
窓の奥の方に押し込み、本当に、「はめ込んだ」という感じです。

そして、実用性の方も◎
きちんと網戸もスライドできますし、窓の開閉もできます!(良かったよかった)


この小窓のDIYをしてから約1年半程経ちますが
我が家のこの小窓の木枠は、1度も外れたり落下したりはしていません。

でも私は素人ですので、安全面で不合格だと思います。
なので皆さんもDIYする時には、安全面を最優先にチャレンジしてくださいね。

今日も明日も明後日も。
この子たちがお気に入りの場所で安心して過ごせますように。
(玄関の小窓の下で、仲良くお昼寝中。)

玄関の小窓5

にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。